ビビリ犬との暮らし覚書

インドア派飼い主と史上最弱の愛犬とのお出かけや健康のこと、時折 犬とは関係ないお話
TOPスポンサー広告 ≫ 術後の愛犬TOP犬 皮膚・健康 ≫ 術後の愛犬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

術後の愛犬

手術の翌々日、ICUから一般ケージに。

カテーテルは取れたけれど、点滴にオムツ姿。

面会に行きましたが、まだ立ち上がることができず ケージの中でフラフラする愛犬。

ワタクシが来て 立ち上がろうとするもまだ立てず。。。

愛犬のケージには「取扱い注意」の張り紙。

先生から「抱っこしますか?」と聞かれましたが、

不注意に取り扱ったら・・・と不安がよぎり 柵越しの面会。

明日また来るね!と帰宅。


術後3日目

点滴がとれ、この日から抗生剤も経口に。

ケージの外で面会。
2015113日後

立てるようになったけど手を放すとバランスを崩してしまいます。
2015113日後2


4日目

立つのはしっかりしてきましたが 歩くのはまだまだ。2~3歩でふらつきます
2015114日後
この日、オムツ外れました。

術後、初めて抱っこした日。


5日目
面会。
前日とほぼ変わらず 画像なし。

6日目
抱っこの画像のみ。
2015114日後2
数歩でフラつくも 歩くスピードも早くなってきました。
2015116日後

この日、明後日の朝イチで退院決定。

術後7日目
この日だけは面会にいきませんでした。
明日の朝、迎えに行くから~

術後8日目
退院の日
朝、診察室で対面。

待合室で退院手続の合間に。
201511退院3

8泊9日、こんなに長く離れたことは初めて。
ビビリの性格なので、1週間を超える入院が長く感じてしまい
かなり不安だったけれど、4日目あたりからフードもペロリ。
何とかなるものなのね~

これから抜糸まで 一週間のケージレストがんばります。

そして・・・
支払い・・・
も 頑張らなければ
犬 皮膚・健康 | Comments (-) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。