ビビリ犬との暮らし覚書

インドア派飼い主と史上最弱の愛犬とのお出かけや健康のこと、時折 犬とは関係ないお話
TOP ≫ CATEGORY ≫ 犬 皮膚・健康
CATEGORY ≫ 犬 皮膚・健康
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

新しい薬開始後半年のこと

初めての全身痙攣発作~MRI、
1月末で、抗てんかん薬を始めて半年が経ちました。

昨夏に痙攣発作以降、愛犬との暮らし方が少し変わりました。
もちろん加齢に伴うライフスタイルの変化でもあります。
     
昨年の6月1度目、翌7月に2度目の全身発作。 

2度目の発作の後しばらくは、後追いが酷かったです。

家の中で後をついてくる愛犬。

傍らにいたい。

出かけるのが忍びなくて、外出はできるだけ短時間になりました。

お留守番が心配で心配でたまらなかった時期(今もですが)

7月下旬、12歳9か月でMRI検査(犬生3度目)
     
MRI検査翌日より 抗てんかん薬開始。

9月、3度目の全身発作。

2度目の発作より時間も短く軽かったと思いますが、

「薬をのんでいるのに」 という思いと

「薬をのんでいるから軽くてすんだ」 との思い。

色々な思いが交錯しました。

頭では理解したつもりだけれど、感情は違うんだな。。。改めて気づきました。

何が起こるかわからない不安が先にたち、気持ちがついていかなかった昨夏。

9月以降全身発作はなく、薬を飲み始めて半年が経過しました。

先生曰く、抗てんかん薬を増やすかは、
薬をのんで半年で2度の全身発作がおきるかどうか。

愛犬の場合1回だったので現状維持。

今も長時間の留守番は避けています。
どうしてもの時は、預かってもらっています。

日々のお散歩は更にゆったりペースになり、「頑張って」とお声をかけられることも。

お散歩は五感に訴えるいい刺激。

はいはい、愛犬と寄り添って歩いていきま~す♪
スポンサーサイト
犬 皮膚・健康 | Comments (-) | Trackbacks (-)

抗てんかん薬開始 今後について

MRI検査の翌日から 抗てんかん薬を始めました。
朝夕一日2回。
ウルソを一日1回夕に飲ませているので 朝のお薬タイムが増えました。
慣れたころに忘れないように気を付けないと。。。

抗てんかん薬の影響として、飲み始めはだるそうになると聞いていました。

実際に見ていると、動きも緩慢でボーっとした感じ。何となくですが。

脳の過剰な興奮をコントロールするためのお薬、ぼーっとするのは仕方ないと思ってました。

飲んで2週間経過したころから、愛犬の動きが元に戻った様に。
お散歩でも、愛犬の中ではスピーディーに歩きだしました。

そんなころに、二次病院での2度目の受診。
血液検査、神経学的検査、診察を受け、今後のコントロールについてなどお話を伺いました。
これからはホームドクターのところに通院することに。

薬を飲むことは、発作頻度を減らし、発作が出たとき軽くするのが目標。

今後も発作を止めることはできない。
 
薬を調節して、うまくコントロールして行きましょう。

ということだそうです。

飼い主としては、衝撃の痙攣発作から2か月。

薬も始めたばかりで不安だらけ、色々な想いでナミダが流れる時もあります。

でも、穏やかに、老いや発作と付き合っていこうと思ってます。

お散歩も旅行も行きます。普段どおりにね。

楽しく愛犬ペースで暮らしていきます。


犬 皮膚・健康 | Comments (-) | Trackbacks (-)

MRI検査

愛犬7月の終わりに MRI検査をうけました。

6月に痙攣発作を起こしました。
そしてちょうど一か月経ったころ、2回目の痙攣発作。

6月の痙攣発作は、約1分半~2分だったと記憶してます。
全身が強張ってバタバタと。
発作がおさまると、自力で立ち上がりフラフラとケージの中に入っていきました。
ぼーっとした感じでした。
丁度昼休みの動物病院の留守電に吹き込むと 5分後に先生よりコールバックが。

状況をはなして、午後の診察に連れていきました。

血液検査等から内臓からの発作は考えにくく 脳に問題があるのではとの事。


発作を忘れかけた7月初め 2回目の痙攣。

一回目より長く、3分くらいでした。
泡を吹き ウンチが一粒出てきました。

発作がおさまった後も、グッタリとしてハァハァ息が荒いので病院に電話。
また病院に連れて行きましたが、着いた頃にはいつもの愛犬。

MRIをとるべきか、、、本当に悩みました。
知りたくないことを知るだけになるのではないか。
知ったところで、飼い主が何をしてあげられるのだろう。。。

最初、もうすぐ13歳の愛犬に全身麻酔でMRIをとることに消極的でした。

だけど、何もわからず不安を感じるのは本意ではありません。
日々憶測が頭を駆け巡るであろうことは、自身容易に想像がつきました。
それも私達にとって苦痛であり大きなストレスとなるでしょう。

苦しくても目をそむけるのは止めよう。

12歳9か月、MRIをとりました。

前の夕食後から絶食、水は検査の3時間前までオッケーと書いてありますが
人間と違って「今のうちにお水飲んで」ともいえないのがつらいところでした。
IMG_1982.jpg

朝10時に預けて、14時半に麻酔から覚めたとの電話。
「夕方お迎えに来て下さい。その時結果を説明しますね」
14時半から先生の説明を聞いた19時までは
緊張で喉がつかえるような、締め付けられるような重苦しさを感じていました。

結果異常は認められず、抗てんかん薬を飲むことになりました。
頸椎に軽度のヘルニアも発覚。
2年前に手術して埋め込んだ椎体部分は問題なさそう。

胆泥のウルソに加え、また一つ薬が増えました。
後ろ足を大袈裟にあげ妙な歩き方をする愛犬です。

それでも一緒に歩けることが大事な毎日。

8月にこちらの病院を再受診。
明日から8月、、、毎日が早いです。





犬 皮膚・健康 | Comments (-) | Trackbacks (-)

久しぶりですが リハビリ記録

慌ただしい毎日でブログの更新ができません。

お散歩で筋肉トレーニング 時々 ワンコとカフェ生活 変わりないです。

画像なしで備忘録を。

ドッグリハビリのこと。

11月初診 
愛犬の歩き方のおかしいところを指摘いただき、
家庭でのマッサージ、
散歩や室内で出来るトレーニングを教わりました。

一か月後。

12月、2回目の受診
診察のはじめは、歩行チェック。
撮影していただいた歩く姿をスローで再生、説明いただきました。

ひと月で改善されたこと、まだまだ時間がかかる部分。新たな取り組みなどなど。

年明けて

2月、3回目の受診
やはり歩行チェックからスタート。
歩く姿のスロー再生、そして説明。

12月には一時改善された部分が後退している。。。
これは飼い主の努力不足で反省。
逆に良くなった部分もあって安心。

日々暮らしているとわからないけれど、
初診の時と比べるとずいぶん歩行がしっかりしてのがわかってやる気が出ました。

寒い冬、散歩へのモチベーションを保つ事って、インドア派の飼い主には結構つらい。

「あきらめなければ筋力はつきます。若い子に比べれば、本当にゆっくりだけど。最低限、現状維持はできます」

先生のお言葉が大きな支えとなって暮らしています。

次回は4月の受診予定。

それまでに 楽しく筋トレ続けます。


白内障の目薬はじめました。
犬 皮膚・健康 | Comments (-) | Trackbacks (-)

リハビリ開始

都心での降雪は54年ぶりの朝。

「積もりませんように。雨に変わりますように」
と 思いながら 初めての動物病院へ。


最近後ろ足の筋力が衰えた愛犬。
ブルブルと頭を振ると よろけたり しりもちをついたり。

飼い主的にはとても切ない。

というわけで、リハビリの専門医に予約を取りました。

愛犬の筋力、歩行などを診てもらうためです。

しかし なんでこの日に雪。

かなりの勢いで予約変更を考えていた夫。

 「車がダメなら 私が電車で連れて行く」と決めたワタクシ。

結局車でGOでした。

緊張やバタバタでまったく画像はありません。

血液検査やレントゲンの画像を持参、

実際に、関節の可動域、歩行、神経反射などチェックしていただき

家庭で出来るリハビリ(の準備)を教わりました。

行って本当によかった。

来月は再度受診。

目標ができると散歩も楽しい。

来月まで、楽しみながらリハビリします。
犬 皮膚・健康 | Comments (-) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。